即日融資でキャッシングを利用したい

早くにお金が必要なときに助かるのが、キャッシングの即日融資です。申し込みをしたその日のうちに融資が受けられるサービスとなり、現金としてお金を用意しなければならない状況においては大変便利です。

 

即日融資で借りられるキャッシングは多くが消費者金融となりますが、最近では銀行も一部で即日融資に対応をしています。ただ、銀行の場合には口座が必要であったり、契約コーナーまでの来店が必要な場合がほとんどですので、来店不要で即日融資を利用したいと考える方にとっては若干ながら不便に感じるでしょう。

 

やはり手軽な即日融資のキャッシングなら来店不要で借りられるキャッシングサービスが便利ですので、より早くに借りるための手続きを知っておきましょう。

 

 

来店不要で即日融資を利用するなら

即日融資のキャッシングを来店不要で利用するなら、当然ですが申し込みはネットで行います。借り入れ先のホームページ上から申し込みをして審査を受け、審査完了後に銀行振り込みによってキャッシングの利用をする形となります。

 

誰にも見られず知られずに即日融資の利用も可能となる便利さがある反面、銀行振り込みでの利用となるので、どうしても時間や曜日の制限が厳しくなります。銀行の営業日、営業時間に限られるのはもちろん、借り入れ先によって当日中に扱える時間が決まっているので、時間外となると即日融資の利用は出来ず、翌営業日扱いとなってしまうのです。

 

時間に余裕を持って即日融資を利用する

銀行振り込みによる即日融資は、大手の消費者金融では大体が平日の14時程度までを対応可能時間としています。TVCMでもよく見かけるアコムにおいては、金融機関によって若干の違いこそありますが、やはり平日14時あたりを来店不要の即日融資可能時間としているのです。
※アコムの即日融資の詳細はアコムの情報を見ておいてください。

 

時間を過ぎてしまうとその日のうちに借りられないので、夕方や銀行が休業となる土日に即日融資を利用したい場合には、別の方法を取る必要があります。それが、大手消費者金融で用意がされている自動契約機です。

 

上記のアコムにしても、同じく大手となるプロミスやアイフルにしても、日本全国に多くの自動契約機がありますので、週末でも即日での対応を可能としています。ネットで予め審査を受けておけば契約機での手続きも早くに終わり、銀行振り込みでは対応が出来ない時間帯や曜日でも、契約機を使ってカードを受け取れば、即日融資も可能となるのです。

 

何れの方法にしても利用にあたってのメリットやデメリットがありますので、どのように即日融資で借りたいかをよく考えておくと良いでしょう。

 

各契約方法の違いと魅力

カードローンは申し込みして審査に通過しただけでは、まだ借り入れはできません。その後に、正式な契約の手続きをする必要があります。

 

契約の方法として代表的なのは来店契約です。これはそのカードローン会社の店舗や無人契約機を契約者本人が直接、訪れて、社員と対話しながら契約するという方法です。古くからある方法で、手続き内容が頭に入りやすく、老若男女問わず正確に手続きできるのが魅力です。ただ、家の近くに店舗や無人契約機が無いと、来店までに移動時間がかかるのがデメリットです。

 

また、昔からある方法としては郵送契約もあります。この場合、わざわざ店舗の場所を確認して訪れる必要が無いので、仕事が忙しくて時間を無駄にできない人に適しています。しかし、書類のやりとりをするたび配達時間がかかるので、カードを入手して、借り入れできるまでに相当な時間がかかってしまいます。

 

最近はネットで申し込みから契約まで完了させられるカードローン会社も登場しています。この場合、少なくとも初回の借り入れは、カードではなく、銀行振込によって行います。来店も不要で、すぐ借り入れできるのでかなり便利です。ただ、ネットで完結させるには、指定銀行の口座が必要だったり、健康保険証の種類に制限があったりと、いろいろ条件がつくことが多いので注意が必要です。

 

即日融資を実現するためには

申し込みや契約の方法はもちろん重要ですが、それ以上に重要、基本とも言えるのが、即日融資を実現するなら申し込みをミス無く進めることです。申し込み内容にミスや不備があれば余計な時間がかかりますし、内容次第では審査に悪影響が出てしまい、即日融資どころか借り入れ自体が出来ない場合もあります。

 

即日融資で借りたいと考えると焦ってしまうものですが、なるべく焦らずに申し込みを行い、不利なく審査を受けるようにしてください。しっかりと確認をしてから審査を受ければ、即日融資は安心の即日融資にもある通りに実現可能ともなりますので、申し込み内容は何度も確認をするぐらいにしておいた方が良いでしょう。